☆ 2年次生(40期生)の後期スクーリング開催            更新日  平成29年12月11日

 12月7日(木)から10日(日)までの4日間、2年次生の後期スクーリングが開催されました。1年次から数えて4回目であり、在学2年間の最後のスクーリングとなりました。
 
 スクーリングの内容は、大略以下のとおりでした。
  
  ① 基本動作の復習
  ② 大祭式の班別指導(装束無し・有り)
  ③ 選抜チームの大祭式執行
  ④ 地鎮祭の執行
  ⑤ 祭式テスト
  ⑥ 神道行法(石上神宮鎮魂行法)
  ⑦ 訓育(枚岡神社宮司 中東 弘先生の講話)
  ⑧ 合同研修会(懇親会)
  ⑨ 理事長(寺井種伯先生)訓話

       
 
             開講式                     基本動作
      
          
           大祭式                      選抜チーム大祭式

      
    
          訓育講話                      合同研修会

 ☆ 平成30年度受講生 一次選考の件                更新日  平成29年12月5日
 
  平成30年度の受講生募集は、11月30日をもって締め切りました。募集定員を超える多くの方にご応募いただき有り難うございました。一次選考(書類審査)を12月13日に実施し、その後速やかに選考結果を郵便にてご連絡致します。

 一次選考に合格された方は、来年1月20日(土)の二次選考に臨んでいただきます。二次選考は本院において実施しますので、午前9時から3時ごろまでの間、本院指定の時刻に出席して下さい。指定時刻はご当人ご希望の時刻になるべく応じますが、人数調整のため若干の変更がある場合があります。詳細は一次選考の結果同時に連絡しますのでご了承下さい。 
 なお、詳細はこのホームページの「募集・入学案内」の項をご参照下さい。
 
☆ 本院理事長(寺井種伯先生)                   
更新日 平成29年11月20日

    神社本庁長老の称号及び鳩杖授与、祝賀会開催


 本院理事長、大阪府神社庁名誉庁長の寺井種伯先生が、永年神社界に尽くされた多大のご功績により、神社本庁より斯界最高の栄誉である「長老」の称号が授与され、併せてその象徴である鳩杖が授与されました。まことに慶賀の至りに存じます。去る11月13日盛大に祝賀会が催されました。

 皆さんは、このような先生を理事長に戴く大阪国学院の受講生であることに誇りをもつと同時に、大阪国学院の名に恥じない神職になるよう精進して下さい。


                                        更新日    平成29年10月23日
☆ 平成30年度受講生募集の件


  既にお知らせしていることですが(8月30日付け「学院ニュース」をご覧ください)、来年度(平成30年度)の受講生の願書を受付中(10月1日から11月30日)です。

  ご希望の方は、まず願書その他の一式書類の送付を次の要領で当院にお申込み下さい。
            ・郵便で 
            ・願書希望の旨、送付先を記載
            ・手数料500円(郵便小為替又は郵便切手で可)を同封
            ・本院宛て送付して下さい。返信封筒不要
  健康診断、神社庁の推薦などの準備が必要となりますので、早い目にお申込み下さい。

    願書その他必要書類を整えて、前記受付期間中に到着するようお送りください。


 ☆ 1年次の後期スクーリング実施                    更新日 平成29年10月23日

  日時  平成29年10月19日(木)~22(日)
  
  10月22日(日)が衆議院の総選挙投票日であることは以前からわかっていましたから、受講生の皆さんは期日前投票をすることで対応することができました。

 しかし、この日前後に接近する台風(21号)が「超大型」であることは、接近するまでほとんど予測がつかないことでした。そこで、当初は予定通り、最終の4日目の閉講式を例年どおり3時に行う予定で進行していました。

 ところが、前日の21日になって台風の進路が潮岬から紀伊半島を縦断するような気配で、しかも「超大型」に発達、というように変わってきました。そのため、授業を短縮して4日目の閉講式を一時間繰り上げることとしました。一時間繰り上げてどれだけ効果があったか分かりませんが、皆さん、無事に帰宅できたでしょうか。

 スクーリングの写真を以下に掲載します。このDVDを班ごとに回覧するようにする予定です。

   
          開講式                        祭式の基本動作の復習

   
       着装しての小祭式                      神饌の説明

   
         訓育講話                       合同研修会(懇親会)

  授業の休憩時間、昼休み、懇親会などを通じて受講生同士が次第に打ち解け、同級生としての絆も強くなってきたように思われます。4日間の短い期間でしたが、密度の濃い期間を過ごされたことと思います。

  全国津々浦々から多様な人材が神職を目指して集まり懸命に学習する姿は、神社界にとってまことに頼もしいかぎりです。来春、皆さんが揃って1年次を修了され、「直階」の階位を取得され2年次の権正階正階課程に進まれることを祈っています。

  
☆ 1年次の後期スクーリング接近                   更新日 平成29年10月11日                               
    
    10月19日(木)~22日(日)は、1年次の皆さんの後期スクーリングです。
    ご承知のとおり10月22(日)は、総選挙の投票日と重なります。
    可能なかぎり「期日前投票」で対応してください。

    村役場、市役所等へお勤めの公務員の方、選挙の仕事でスクーリングへ出席できないことが起こり    得ます。その場合は、事前に学院事務局まで連絡してください。
    但し、役所の都合でスクーリングを欠席するとしても、格別有利な扱いはありません。通常の欠席と     同じ扱いとなります。      


☆ 前期考査を実施しました。                        更新日 平成29年9月25日

  日時  平成29年9月21日(土) 1日目  二年次のみ
          同 9月22日(日) 2日目  一年次・二年次 

  4月から9月までの期間中における学習の成果を考査する中間試験です。
 考査の結果は、レポート提出による日ごろの学習の成果と同等の評価を受けることになります。
 講師の採点が済み次第皆さんに返却します。
  1日目の午後の時間は試験がなく、二年次の「道徳」の集中講義が行われました。

 二年次「道徳」の集中講義
  9月21日午後1時30分~5時
  講師  小林裕八 先生  (皇學館大學卒、三重県津市白山比咩神社宮司)
  テーマ 教育勅語について  
     
  通信教育における学習は、レポートを中心とした通信学習が主になりますが、この「道徳」の集中講義は、直接先生の講義を聴き、先生から名指しされ、逆に先生に質問するなどして、進めていただきました。テーマは、「教育勅語」についてでしたが、先生は国史や古典、明治天皇・昭和天皇の御製など広い知識を交え、ユーモアもたっぷりに講義され、時間のたつのを忘れるほどでした。
 受講生にはこの教育勅語を「謹書」して(ていねいに心を込めて書き写して)提出すべき課題が課されました。
 この講義が将来神職として活動する際の大きな礎になることを期待しています。
 

 
 ☆ 勅裁石清水祭のご奉仕                         更新 平成29年9月20日
  
 9月14日、15日、京都府八幡市ご鎮座の旧官幣大社石清水八幡宮の勅祭石清水祭のご奉仕をさせて頂きました。
 現役の受講生4名、修了生(かつおぎ会会員)18名、かつおぎ会会員による紹介参加3名の合計25名。日程の大略は次のとおりです

 14日午後の日程  男山麓の頓宮に集合、奉幣の儀、還幸の儀の習礼を見学。
    山頂に移動後本殿にて正式参拝、神社の説明を受け、京都國學院青雲寮に到着。夕食、仮眠。

 15日午前の日程  午前1時ごろ 所役に応じた装束を着装、本殿周辺にて待機。
    午前2時頃から4時ごろ神幸の儀の約500人のお供の中の神人の所役を担って下山。
    午前5時半ごろからの奉幣の儀を一般参列者の席にて拝見。
    夜が白々と明け行くなかで厳粛な神事が厳かに進行。
    特別参拝者として三笠宮家の彬子女王殿下がご臨席になられました。
    午前8時から、境内沿いの放生川で実施された放生行事に参列者として参加。

 15日午後の日程
    朝食、仮眠後、装束装着。頓宮まで下山。
    17時から還幸の儀。
    18時30分ごろ 御鳳輩発御。神幸の儀と同様の行列を組み、山頂の御本殿まで。
    20時ごろ解散。

 天候に恵まれ、全員事故無く、ご奉仕を全くできたことはなにより有難いことでした。御神霊のお側近くでご奉仕ができ、大きな御神徳を頂くことができました。
 来年度も皆様のご参加をお待ちいたします。始めての方でも差支えありません。

  後日、宮司様からご丁重なお礼のお手紙を頂きましたのでお知らせします。



       
                                    
     正式参拝後の神酒拝戴                   参加メンバー

    

          奉幣の儀                        放生行事


 
☆ 二年次の前期スクーリングを実施しました。            更新日 平成29年8月27日
  
   日時 平成29年8月24日(木)~27日(日)
   会場 大阪国学院5階 研修室
   内容 1日目  神殿参拝 開講式 祭式実技(基本動作の復習、修祓)、神饌の献撤  禊  夕拝
       2日目  朝拝  祭式実技(祝詞奏上、玉串拝礼、御扉開閉、本庁幣奉納) 禊 夕拝
       3日目  朝拝  祭式実技(大祭式)  禊  夕拝  合同研修会
       4日目  朝拝  大祭式復習   基本動作復習  個別テスト  閉会式


   二年次50名の皆さん、お疲れ様でした。初日はぎこちなかったものの、だんだんと慣れてきて、大祭式特有の御扉開閉、本庁幣奉納などの行事をこなせるようになってきました。
 講師の先生方の熱心な(というか我慢強い)ご指導の賜物と先生方に感謝しています。


 
          開講式             基本動作

 

        禊(鳥船行事)          大祭式(扉開閉)

 
 ☆ 平成30年度受講生の募集の件                     更新日 平成29年8月7日

    募集期間  平成29年10月1日~11月30日の2か月間(期間内必着)
    募集要領  ・平成29年9月1日以降に、
            ・郵便で 
            ・願書希望の旨を記載
            ・手数料500円(郵便小為替又は郵便切手で可)を同封
            ・本院宛て送付して下さい。返信封筒不要

   当方から送付する書類
            ・⑴受講願書     
            ・⑵身上書    
            ・⑶健康診断書 
            ・『入学案内・募集要項』(パンフレット)

   応募方法   ⑴~⑶の用紙に所定事項記載のうえ、前記募集期間内に当方へ郵送して下さい。

  * 募集要領の詳細は「募集・入学案内」の項をご覧ください。


 ☆ 一年次の前期スクーリングを実施しました。             更新日 平成29年8月7日

   日時 平成29年8月3日(木)~6日(日)
   会場 大阪国学院5階 研修室
   内容 1日目  神殿参拝・開講式、白衣白袴の付け方、祭式実技、禊、
       2日目  朝拝、祭式実技、禊、夕拝
       3日目  朝拝、祭式実技、禊、夕拝、合同研修会
       4日目  朝拝、祭式実技、白衣・白袴の畳み方、閉講式

  一年次の皆さんには初めてのスクーリングでした。
 4月の入学式以来、一同に会するのは7か月ぶりでした。暑いさ中でしたが、全員元気に登校していただ  きました。白衣・白袴の付け方の指導を受け、生まれて初めて白衣・白袴姿になった方がほとんどだったでしょう。受講生らしくなったところで、開講式を行いましたが、早速「正坐」となってたちまち音(ネ)を上げた様子。先が思いやられる開講式でした。
 4日間の大部分は祭式の「基本動作」の繰り返しでしたが、4日目になると、神饌の献撤がどうにかできるようになりましたね。全体としては、後期に行う「小祭式」のための基礎学習ということになります。
 「禊」の体験は、興味深ったことでしょう。殊のほか暑い日でしたから、水に触れて爽やかだったことでしょう。
 このスクーリングで習ったことを、家庭学習においてよく復習して、後期スクーリングに臨んで下さい。
 後期のスクーリングでは、装束を付けて「小祭式」を行うことになります。また、「禊」の代わりに「鎮魂行法」を行います。楽しみにして下さい。

   
 
 初めて白衣・白袴に着替え            開講式             正坐・揖の練習

    

     禊錬成                   献撰               訓育講話

                     
    
  最終日のテスト                                合同研修会(懇親会)
 





 ☆ 通信教育部開設40周年記念大会を開催しました。       更新日 平成29年7月3日
  
   日時 平成29年6月27日(火)  午後1時 開式
   場所 シェラトン都ホテル大阪
   内容 ⑴ 関係物故者慰霊祭  本院の役員・講師・修了生の中でこれまでに帰幽された方の慰霊祭
                       齋主・祭員・伶人・舞人  かつおぎ会が奉仕

       ⑵ 記念式典        来賓:神社本庁総長、神職養成機関、府下神社庁、神社新報社、
                          浪速学院、理事、評議員、講師、かつおぎ会歴代会長
                       一般参加:府下神社宮司、かつおぎ会会員、在校生
                       (総勢200余人)

       ⑶ 記念講演      講演者:國學院大學教授 藤田大誠 先生(本院「宗教概説」担当講師
                     演題  「大阪国学院の歴史と建学の精神」

       ⑷ 祝宴
            清興 「大和賛歌」
                歌       秋山 啓(35期)
                ピアノ     栁原 由佳(34期)
                ナレーション 吉川 紗代(37期)
                映像      栗原 義典(28期)
 
         
  物故者慰霊祭            記念式典(理事長式辞)    記念式典(神社本庁総長祝辞)

       
    記念講演                 清興

 ☆ 平成28年度修了式・29年度入学式を行いました。       更新日   平成29年4月10日

  4月8日(土)9時から修了式  
    権正階課程(2年次):50名修了
    直階課程(1年次)  :49名修了
     皆さん、修了おめでとうございます。

         
          修了奉告祭                  修了式


  4月8日(土)午後1時30分から入学式
    権正階課程(2年次):52名(一年次からの進級47名、編入5名)
    直階課程(2年次) :52名
     皆さん、入学おめでとうございます。

        
           入学式                       入学式


 
☆ 平成29年度入学の皆さんへ                            平成29年4月4日
                     教科書などの送付
 新一年次の皆さんへは4月3日(発送済み)、新二年次の皆さんへは4月4日(本日)発送します。
教科書(教本ともいいます。)のほかに、教科ごとの学習指導書、指定原稿用紙などが入っています。各自の発注書と照合して下さい。不明な点がありましたら、事務局宛て、電話・メール等でご連絡下さい。
 教科書等を入学式当日持参する必要はありません。当日は先に送付の『学習の手引き』のみを忘れることなく持参して下さい。

 ☆ 平成29年度入学の新一年生・新二年生の皆さんへ            平成29年3月21日
 
                   『学習の手引き』の送付

 『学習の手引き』と題する冊子を皆さんに向け発送します(3月21日・22日発送)。その後、教科書を宅配便で送る予定になっています。教科書がお手許に着くのは入学式の直前になるので、それまでに『学習の手引き』をお届けします。これをよく読んで頂きたいと思います。
 通信教育で、どうやって学習を進めていくのか、どんな心構えで取り組むべきかなど、皆さん方は他職を持ったり、家業についておられる方がほとんどです。長い間「勉強」とは縁が切れている、社家の出身でもないなど、心配は尽きないことでしょう。
 そんな不安を解消するために、まずこの『学習の手引き』をよく読んで下さい。一年間の学習方法や心構えのおおよそのことが理解できると思います。
 入学式当日のオリエンテーションの際にはこの『学習の手引き』に基づいて説明しますので、当日は忘れずに持参されるよう、くれぐれもご留意ください。
 質問などあれば、メール又は電話ででお願いします。メールのアドレスは『学習の手引き』に掲載しています。
 
☆ 平成29年度受講生の二次選考修了                 更新日:平成29年1月30日

  今年四月に直階課程(一年次)に入学される方、権正階課程(二年次)へ編入される方の二次選考(筆記試験・面接試験)が修了しました。選考結果はすでに発送済みです。
 ことしも神職になろうと情熱を燃やされている方・優秀な方など多くの方に応募していただき、有り難く思っております。しかし、定員が決まっている関係上、選に漏れた方がありましたが、この経験を生かしてぜひ捲土重来を期して下さい。
 合格された方は、当方からの通知に従って入学に伴う諸手続きを確実に進めてください。
 ☆ 平成29年度受講生の一次選考実施                更新日:平成28年12月21日

  来年4月の入学希望者の募集を11月末に打ち切り、去る12月14日に一次選考(書類選考)を行いました。今年も定員をはるかに超える応募をいただき有難うございました。
 選考の結果は既に皆様に発送しました。残念ながら選に漏れたお方は、是非来年もう一度挑戦してみて下さい。
  二次選考は1月21日(土)となっています。時間に遅れることの無いように十分気を配って下さい。 
 
           ★ 二年次の後期スクーリング実施          更新日:平成28年12月8日

 12月2日(金)から5日(月)の4日間、二年次の後期スクーリングを実施しました。
 二年次生だけあって、実務の経験者も増えており、全体に祭式の技能は向上しているように見受けられました。
 残る山は、後期考査と研究論文の作成ということになります。年末年始を挟んで、何かと忙しいシーズンですが、頑張って乗り切りましょう。

       

       




 各位                                       更新日:平成28年12月8日
        
          平成29年度入学の願書受付終了

 明年4月入学の願書の受付は、11月末日をもって終了しました。
 今年も多数のご応募をいただき、有難うございました。
 来る12月14日に一次選考(書類選考)を行います。その結果は数日後に応募いただいた皆様全員に郵便にてお知せします。電話・メールでのお問い合わせは混乱のおそれがありますので、ご遠慮下さい。
 

各位                                          更新日:平成28年11月2日
          臨時休業のお知らせ

 11月2日(水)は、職員が大阪府神社庁の行事に参加する都合上、休業させて頂きます。
 11月4日(金)から通常の業務を致します。
 よろしくご了承下さい。
                                     大阪国学院 事務局
         一年次の後期スクーリング実施                 更新日:平成28年10月25日

 10月20日(木)~10月23日(日)
 一年次の皆さん、4日間にわたるスクーリング、お疲れ様でした。途中で落伍する人もなく、全員最後までやり遂げられたことは立派でした。
 最終日の祭式実技テストは、ほとんどすべての人が、「自分自身に腹を立てる。」ほど、後悔だらけのできのようでした。
 しかし、その後に実施された総復習の際は、後悔の深かった分だけ真剣さがあって、見事にリカバーできたと感じました。また、選抜チームのできは、スクーリングを締めくくるにふさわしいものでした。
 このスクーリングを通じて、一層親交が増した学友たちとの交流を深め、一年次の後半を乗り越え、全員二年次へ進級してくれるよう期待しています。

       
           開講式                       祝詞奏上

        
       装束を付けての祭式                  石上鎮魂行法

      
       坐摩神社の例大祭拝観                祭式学習 総仕上げ

 一年次・二年次の前期末考査実施                  更新日:平成28年9月28日

 9月24日(土)午後1時~        二年次のみ
 9月25日(日)午前8時~        一年次・二年次
 
 9月末で前期が終了します。今年度も半分が経過しました。本当に「光陰矢のごとし」という格言がぴったりという感じでおられる方が多いのではないでしょううか。
 考査の出来具合も気がかりでしょうが、前期の不出来が心配な方は後期で頑張って下さい。

                  考査中の光景(手前が二年次・奥が一年次)
               
 勅祭石清水祭(9月14・15日)のご奉仕      更新日:平成28年9月27日

 勅祭石清水祭は、京都府八幡市の旧官幣大社石清水八幡宮において、毎年914日、15日に斎行される盛大なお祭りです。京都の加茂祭、奈良の春日祭とともに三大勅祭と呼ばれています。今年も特別参拝者として三笠宮家の彬子(あきこ)女王殿下がご臨席になられました。

 このお祭は、15日の未明に男山山頂のご本殿から三体のご神霊をご鳳輩にお遷しし、数百人の行列を作って急な坂道を下り山麓の頓宮まで神幸します(遷幸の儀)。夜の明けぬ前から引き続き祭儀(奉幣の儀)が執り行われます。さらに当日夕刻ご神霊をご鳳輩に遷し替え、山頂のご本殿にお戻しする(還幸の儀)いう一連の神事が斎行されます。

 かつおぎ会の会員と本院受講生の有志20名により、遷幸の儀、還幸の儀の神人(じにん)の所役を仰せつかり、大勢のご奉仕の方々とともに無事に大役を果たすことができました。頓宮の斎庭で繰り広げられた奉幣の儀は、平安絵巻さながらの神事であり、参列者とともにつぶさに拝観することができました。

 奉幣の儀ののち、境内地に沿った放生川で鳥や魚を野に放つ「放生行事」が行われ、この行事にも参加することができました。

 石清水八幡宮さまから来年も是非ご奉仕頂きたいとのご丁寧なご依頼をいただきました。かつおぎ会の方、現役受講生の方、来年も同じ日に行われますので、是非多数ご参加下さい。

    
      参加メンバー               御鳳輩

    
      獅子メンバー                奉幣の儀の一場面

 募集要項・願書等の取寄せ受付中                 更新日:平成28年9月5日

  9月1日から、平成29年度入学のための募集要項・願書などの必要書類の取寄せを受け付けています。取寄せ希望の方は、
    ① 願書等の送付依頼の旨
    ② 受取人の住所・氏名
 を記載し、手数料500円(郵便切手又は郵便小為替) を同封して、下記住所の本院まで郵送して下さい。到着次第、折り返し募集要項を記載したパンフレット、願書等の書類をお送りします。
 返送用封筒は不要です。

 願書の受付期間は、10月1日から11月30日の2か月間となっていますので、ご注意下さい。
 なお、募集・入学等に関しては、このホームページの「募集・入学案内」のサイトをご参照下さい。
  

 【郵送先】
  住所 〒541-0056
      大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号
  名称  大阪国学院
  TEL  06-6245-8980

 2年次前期スクーリング                           更新日:平成28年9月1日

 8月25日~28日の4日間、2年次のスクーリングが開催されました。久し振りの顔合わせに随分にぎやかでしたが、祭式の授業が始まると、たちまち足のしびれ、しびれを通り越して痛みまで加わり、講師の先生のお話しが耳に入らないという人が多かったのではないでしょうか。

    
        開講式              基本動作復習


   
       大祭式の基本            大祭式の基本

世間では正坐する機会がすっかり無くなりましたが、神職をはじめ、日本古来の立居振舞いを基本とする着物文化(茶道・華道など)においては正坐が基本です。

 正坐の稽古は急に・長時間行っても効果はありません。少しずつでも毎日続け、習慣化していきましょう。そのうちに正坐の方が気持ちよくなってきます。姿勢もよくなって神主というよりも、日本人として端正な坐り姿が身につきます。

 さて、今回のスクーリングは受講生の皆さんの頑張りと協力で非常にスムーズに進み、四日間があっという間に過ぎました。三日目の合同研修会は、異業種合同懇親会の趣でしたが、神道を大切に思う気持ち、レポートで苦労している点などの共通項があって話がはずみ、楽しいひと時でした。

 スクーリングの初日あたりは猛暑の夏でしたが、三日目ごろから禊場の上を渡る風にふっと季節の境目を感じました。変則的な動きをする台風10号が気がかりでした。スクーリングに影響はなかったものの、東日本の受講生の皆さんの地方はいかがでしたでしょうか。

 季節の変わり目とともに、気持ちの持ちようも次の「前期末考査」に切り替え、これも乗り越えていきましょう。

 1年次前期スクーリング                          更新日:平成28年8月7日
 
 1年次の前期スクーリングが開催されました。
  8月4日  第1日目: 白衣・白袴の着方・たたみ方、開講式、祭式講義、基本動作、禊、夕拝
     5日  第2日目: 朝拝、祭式実技、禊、夕拝
     6日   第3日目: 朝拝、祭式実技、禊、夕拝、合同研修会
     7日  第4日目: 朝拝、訓育講話、祭式実技、祭式試験、閉講式
  スクーリング初日、白衣・白袴を初めて身に着けた方も大勢いたことでしょう。
  三日目には、早くも朝拝・夕拝の所役を分担してご奉仕できるようになりました。
  皆さん、足の痛いのを我慢して、何とかやり遂げることができました。
  秋の後期スクーリング(10月20日~23日)までに、しっかり復習しておきましょう。
   3日目の合同研修会では、多士済々の仲間がいることに気が付いたでしょう。
  この仲間たちを大切にし、助け合いながら、後半の学習を頑張って下さい。

    なお、後期スクーリングまえに、前期末考査(9月25日)があります。これも頑張りましょう。

       
             神殿参拝                     開講式

       

             開講式                     祭式実技講習

       
          祭式実技講習                   禊錬成

        
            禊錬成                       夕拝

 「かつおぎ会」総会が開催されました。                  更新日:平成28年6月27日

 本院終了生の同窓会「かつおぎ会」の総会が6月26日(日)に大阪天満宮の天満宮会館において開催されました。
 約60名の会員の参加のもと、11時の総会開会に先立ち正式参拝。総会においては前年度の事業報告・決算報告・監査報告があったのち、役員改選が議決されました。さらに、平成28年度の事業計画及び予算が議決されました。会長は江本晴夫氏(23期)が再任されました。 
 総会後の懇親会においては、寺井理事長が来年(平成29年)は通信教育部開設40周年記念大会を開催する旨のご説明があり、「かつおぎ会」の協力が是非とも必要であることの要望がされました。また、世の中の変化、取り分け過疎化の急激な進行に対応すべく本院の神職養成事業においてもそのような変化に対応した取り組が必要であることなどを強調されました。
 懇親会は、久しぶりに会う同級生たちとの談笑に花が咲き、しばし和やかな時間を過ごし、旧交を改めることができました。


         正式参拝                   総会


         懇親会




 平成29年度の募集要項・願書等の配布時期について       更新日: 平成28年6月13日

 平成29年度に入学を希望される方から、募集要項・願書等の書類を要求される方が増えてきました。
 募集要項・願書等の配布は9月1日から行いますので、もうしばらくお待ち下さい。
 それまでに、募集要項の内容をお知りになりたい方は、このホームページの「募集・入学案内」のサイトをご覧下さい。

 熊本地震 お見舞い                             更新日:平成28年5月6日
   
 本当に胸の痛む毎日の報道です。
 とりわけ、今年度は一年次に5名、二年次に2名の熊本の方がいらっしゃるので、とても気になります。
 また、一年次の神道古典の担当講師である竹島一希先生は熊本大学にお務めです。図書館が閉鎖され、研究室の内部が大変なことになっているとのお知らせがありました。
 
 本院の修了生の平塚 幸さんから、以下のイラスト付きの応援メッセージが届いています。


 「友人が被災して車で生活しており、心配です。
 国学院の皆さんも大変だと思います。
 一日も早い地震の沈静化と復興を祈っております。」

       

平成27年度修了式挙行                        更新日:平成28年4月11日

 
 平成28年4月9日(土) 午前9時開式
  
・修了奉告祭 
           斎主以下祭員は、2年次修了生の10名が務めました。
           参列者: 2年次修了生(40名)、1年次修了生(48名) 
           ご来賓(理事長以下12名)
      

       

  ・ 修了式   
          2年次・1年次の修了生に修了証、階位証が授与されました。
          成績優秀者には本院理事長賞、神社本庁統理賞、浪速学院理事長賞が授与されました。
          修了生代表が答辞を申し述べました。   

      

      

  ・直会を兼ねて謝恩会


    



平成28年度入学式挙行

 
 同日             午後1時30分開式
  ・入学奉告祭
           斎主・祭員は本院祭式講師が務められました。
           参列者:新2年次生(52名)、新1年次生(52名)
           ご来賓(理事長以下12名)

    


  ・入学式
          新2年次・新1年次は全員点呼を受け、理事長から「入学許可の辞」をいただきました。
          入学生代表が答辞を申し述べました。

    


 ・クラス会
         1年次・2年次に分かれクラス会。学級担任の先生の訓示を受けました。

   
 
 ・オリエンテーション
         1年次・2年次合同で、この1年間の学習の進め方などの説明を受けました。
         その後、各班に分かれ、自己紹介など和やかなひと時を過ごしました。

   







 『学習の手引』の一部訂正                         更新日:平成28年3月31日

 お手許に届けた『学習指導書』は、毎年手入れして印刷を行っていますが、今年度追加した下記の部分に誤記がありました。お詫びして訂正します。
 ・訂正箇所:表紙裏面の「連絡先」に示した「受講生のページ」を開くパスワード、その英文字部分を大文字で示していますが小文字の誤りです。そのように訂正して下さい。
 教科書(教本、テキストともいう。)などの発送予定     更新日:平成28年3月24日

 新1年次、新2年次の皆さんへ

  『学習の手引』発送予定 :3月29日(火) 
    『学習の手引』(1年次、2年次共通)は、1年間の学習の方法をくわしく説明した冊子です。従来は教科書と一緒にお送りしていましたが、少しでも早く皆さんの手許に届けることで、事前に目をとおしていただくように、教科書より1週間早く発送する予定です。

  『学習の手引』は、入学式当日のオリエンテーションで使用するので、当日忘れずに持参して下さい。事前に読んでおくことで、入学式のころにはどのような方法で学習するのか大体のことを把握できるでしょう。分らない部分をオリエンテーションで確かめるようにしてください。
 2年次へ進級された方は、昨年度のものと一部変わっているところがあるので、注意してください。

 ② 教科書・学習指導書の発送予定: 4月2日又は3日
  教科書は、皆さんから申込みがあったものを取り揃え、宅配便で送ります。段ボールに詰めて送ります。通常の郵便受けにはとても入りません。4日又は5日ごろに配達されると思われるので、確実に受け取れるように対策して下さい。

 同時に各教科ごとの「学習指導書」をお送りします。「学習指導書」は、教科書の解説書と考えて下さい。この「学習指導書」には、適宜な間隔で「レポート課題」が示されています。皆さんは、この「レポート課題」と格闘することになります。
 教科書及び学習指導書は入学式の日に持参する必要はありません。

平成27年度修了式・平成28年度入学式の日程           更新日:平成28年3月4日

1.平成27年度修了式
(一年次生と二年次生の合同 修了式)
  日時:平成28年4月9日(土) 午前9時開式(受付開始:午前8時、更衣、集合8時40分))
  場所:本院5階神殿前会場
  修了式次第
   服装:白衣・白袴・白足袋・草履(笏・扇は不要)
   ①修了奉告祭      午前9時開式      斎主・祭員:二年次生
   ②修了式         午前10時開式   
   ③直会 ・クラス会    午後1時ごろ終了予定

2.平成28年度入学式(新一年次への入学者・新二年次への進級者・編入者の合同入学式) 
  日時:平成28年4月9日(土) (受付開始:午後1時)
  場所:本院5階神殿前会場
  入学式次第
   服装:男子はスーツ・ネクタイ。女子はこれに準ずる。(華美な服装は不可)
   ①入学奉告祭      午後1時30分開式  斎主・祭院:本院祭式講師
   ②入学式         午後2時開式
   ③クラス会・オリエンテーション  午後5時ごろ終了予定


 後期考査実施                            更新日:平成28年2月25日

 去る2月20日(土)、21日(日)に1年次、2年次の後期考査が実施されました。
 久しぶりに顔を合わせる同級生との話もはずむ傍ら、試験の結果に一喜一憂といった様子でした。
 2年次は、二日目(21日)すべての考査が終了したのち、研究論文の発表会がありました。1月に提出した論文について、各自3分の持ち時間で研究の概要を発表し、そのあとで担当講師の講評をお聞きしました。優秀論文については表彰を受けました。

 優秀論文は次の方々でした(敬称略)。
 一位: 赤石和郎  「ずいき祭り」について
 二位: 山科言和  縫腋袍の構成技法と縫製について
 三位: 岡山哲史  群馬の蚕神信仰について
 四位: 佐藤儀一  「子孫の八十続五十橿八桑の如く立栄えしめ給へ」の現代的意義と今後について
 
  なお、一位~三位は、次年度の同窓会誌『かつおぎ』に掲載されます。
  四位は、次年度の本院教養誌『浪速文叢』に掲載されます。


 
平成28年度受講生二次選考                 更新日:平成27年12月18日

 日時:平成28年1月23日 午前9時から午後2時(一次選考合格通知書に記載の指定時刻)
 場所:本院5階研修室
 
 
1年次の後期スクーリング実施
                 更新日:平成27年10月26日

 10月22日(木)~26日(日)の4日間、1年次の後期スクーリングが実施されました。後期スクーリングは、主として祭式の基本動作を繰り返し学習し、衣紋講習のあと装束を付けての小祭式の学習を行いました。

 4月の入学以来、半年以上が過ぎ後期の学習に入っていますが、受講生の皆さんは、入学当時の白紙の状態から、どんどん修得して神職の資格を得る手前に到達しているとの印象を強く受けました。この調子で、後期を乗り切って、来春一年次を無事修了して二年次に進級して頂きたいと思います。

 後期スクーリングでは、祭式の学習以外に神饌、紙垂、玉串の作り方、一人祈祷として「お宮詣り」の祭式をご指導していただくなど、神務実習や神社奉務に直ぐに役立つ学習もありました。
 毎日の夕拝行事の中に鎮魂行法が組み入れられ、厳しい行法を通じて神道の奥深さに触れることができました。

 三日目の夕刻には、場所をかえて「合同研修会」と名付けた懇親会があり、冒頭理事長の寺井先生から、素晴らしいご挨拶をいただいたあと、にぎやかな班ごとの出し物もあって楽しいひと時を過ごしました。大層盛り上がり仲間意識が高まったなかで、校歌を熱唱し、「大阪締め」で締めくくりました。

       

       
  
       
 
平成28年度受講生募集中                       更新日:平成27年9月29日

  願書提出期間  平成27年10月1日(木)~同年11月30日(月) (期間内必着)

  募集・入学案内の詳細は「募集・入学案内」をクリックして下さい。

 

 前期末考査実施                              更新日:平成27年9月28日

  以下の日程により、前期末考査(筆記試験)が行われました。
  当日は、1年次、2年次ともに全員登校し受験しました。
  なお、神社祭式の実技試験は、スクーリングの際に実施されます。

 【日程】
  平成27年9月26日(土) 2年次生: 第1日目
    同年  9月27日(日) 1年次生: 第1日目、2年次:第2日目

 【時間割】
    1年次
     第1日目(8:30~16:20)
    ①神社神道概説
    ②神道史概説
    ③神道古典
    ④祝詞Ⅰ(講読)
    ⑤神社祭式
    ⑥神社関係法規
    ⑦国語

   2年次
    第1日目(13:10~16:10))
    ①神社神道概説
    ②神道古典
    ③祝詞Ⅰ(講読)

    第2日目(8:30~16:20)
    ①神社祭式
    ②祝詞Ⅱ(作文)
    ③神道史概説 
    ④神社故実
    ⑤宗教概説
    ⑥国史
    ⑦神社関係法
 
                             試験場の光景
                    
    

「 勅祭石清水祭」のご奉仕 
                    更新日:平成27年9月16日

 9月14日、15日、石清水八幡宮(京都府八幡市)において盛大に斎行された「勅祭石清水祭」に、本院の受講生と修了生(かつおぎ会会員)の有志21名がご奉仕させて頂きました。

 男山山頂の御本殿から山麓の頓宮(とんぐう)まで、15日未明に三基の御鳳輩をお遷しする神幸の儀、同日宵に頓宮から御本殿にお遷しする還幸の儀において、それぞれ神人(じにん)の一部の所役を担いました(写真1)。
 前日の14日には、御本殿で正式参拝をさせていただき、京都國學院の学生寮で食事や仮眠のお世話をいただきました。
 15日には、頓宮において行われた厳粛かつ優美は奉幣の儀(写真2)を参列者とともに拝見させていただき、その後放生川で行われた放生会(ほうじょうえ)にも参加させて頂きました。
 詳細は、受講生及びかつおぎ会会員の皆様に報告する予定です。

 なお、この祭儀において,本院の2年次(権正階課程)において現在学んでおられる鷲尾隆久氏が、辨代(べんだい、単に「辨」ともいう。)として奉仕され、また、同じ2年次の山科言和氏と修了生(14期)の松村克史氏が衣紋方(えもんかた、祭員に装束をお付けする役)の一人として奉仕されました。



     

           写真1                            写真2

 
 平成28年度の受講生募集について               更新日:平成27年8月28日
 
 9月1日(火)より、願書等の用紙を配布します。
 用紙の申込み方法は「募集・入学案内」」のページをご覧ください。

 平成27年度の2年次の前期スクーリング実施         更新日  平成27年8月23日

 8月20日~23日の4日間にわたり 2年次(権正階課程)の前期スクーリングが実施されました。
初日は、神殿参拝ののち開講式を執り行い、国歌斉唱、受講生代表(寺内貴則)の先導により「敬神生活の綱領」唱和を行い理事長の訓示を受けました(写真1)。
 4日間、基本動を繰り返し復習する一方、大祭式の実技の授業が行われました(写真2~4)。また、初日から3日間は、祭式学習の終了後、禊錬成も行われました(写真5,6)。
 3日目の夕刻には、ホテルに場所を変えて合同研修会(懇親会)が行われ、講師の先生方を囲んで和やかで楽しいひと時を過ごしました。
 日ごとに実技が上達し、受講生相互の親密さが増しました。閉講式は校歌を合唱し締めくくりました。充実したスクーリングであったと思います。
 講師の先生方の熱意と受講生諸君やる気が合体し、実りあるスクーリングになりました。

              写真1                       写真2
       

             写真3                         写真4
      

             写真5                       写真6
      


 「かつおぎ会」第15回祭式研修会              更新日  平成27年8月10日

 大阪国学院修了生の同窓会「かつおぎ会」は、8月10日(月)に恒例の祭式研修会を開催しました。
ことしは、全国各地から56名(うち女性17名)の会員の参加があり、120畳の研修室が一杯になるほどの盛況でした。
 講師は大阪国学院の祭式講師の北岡保二先生、藤木克巳先生、祭式助教の菅野洋子先生でした。先生方は、昨日まで大阪国学院のスクーリングの祭式指導を行われており、大変お忙しい中、「かつおぎ会」の方にも熱心にご指導いただきました。大変有り難うございました。
 研修内容は、午前中に祭式の基本動作の復習、午後は実務に即した地鎮祭など建築関係の祭式について実技を学びました。

 「かつおぎ会」は、大阪国学院を修了した者にとって、神道や神職についてさらに広く深く探究する相互研鑚の場となっています。

          


        


 平成27年度の1年次前期スクーリング実施         更新日  平成27年8月10日

 8月6日から8月9日の4日間にわたり1年次(直階課程)(53名)の前期スクーリングが行われました。
 猛暑のなか、全国各地から集まった受講生が連日祭式の学習に取り組みました。
 4月の入学からこれまで、専ら通信学習(自宅学習)で神道や神社のことについて学習して来ましたが、スクーリングは、本院に登校し講師と対面して学ぶ学習(面接学習)となります。

 前期スクーリングで学習する祭式は、基本動作及び小祭式の基本です。全員が白衣・白袴を着る事も初めて、笏や扇を持つのも初めてという、初めてのことばかりです。最も苦労したのは、正坐であったと思われます。
 祭式の学習のなかで、講師から神職としての心構え、神社故事等のお話を伺うことができました。また、特別に「訓育」の時間が設けられ、専任講師から神道・神職の根本に関わる有意義な講話をお聞きすることができました。
 さらに、3日目の夕刻には、市内のホテルに移動して「合同研修会」という懇親会が催され、楽しいひと時を過ごす集まりもありました。

 受講生は、このスクーリングで学んだことを自宅に持ち帰り、しっかり身につけて後期スクーリング(10月22日から25日)に臨むことになります。

    

          開講式の光景                祭式実技の学習光景


「かつおぎ会」 設立三十周年記念式典           更新日   平成27年6月23日

 「かつおぎ会」は、大阪国学院通信教育部の修了生の同窓会のことです(詳しくは、このホームページの「かつおぎ会のサイトをご覧ください)。「かつおぎ会」は、今年設立30周年を迎え、これを慶祝すべく先日(6月20日)、来賓・修了生など多数の参加のもとで設立三十周年記念式典を挙行しました。
 まず奉告祭が斎行され、その後場所を変えて本年度の総会、三十周年記念式典及び祝賀会が順次開催されました。

 「かつおぎ会」は、会員相互の親睦の会としてだけでなく、本院の修了後における相互研鑚の場としての役割を担っています。会員数はおよそ1800人に達し、日頃は全国各地において神明奉仕に勤しんでいます。年間行事として行われる総会や祭式研修会、階位検定試験対策講座(K講座)などにおいて顔を合わせることを楽しみとしています。この日の三十周年記念大会は、会の来し方行く末を想い感慨一入でした。

 
 奉告祭
    式場   大阪国学院5階 神殿
    奉仕者  斎主、祭員、冷人、神楽舞 共にかつおぎ会会員
    参列者  大阪国学院通教育部の関係者、かつおぎ会会員
    
    

 総会
    場所   シェラトン都ホテル大阪 
    内容   前年度の事業報告・決算報告、今年度の事業予定・予算の審議

 記念式典
    会場   シェラトン都ホテル大阪
    式次第
      ・神宮遥拝
      ・国歌斉唱  
      ・敬神生活の綱領唱和
      ・会員物故者に黙祷
      ・会長式辞
      ・来賓紹介
      ・来賓祝辞
      ・記念品贈呈
      ・功労者表彰
      

 祝賀会
      ・乾杯
      ・祝宴    (34期生の柳原由佳さんのピアノ演奏が行われました。)
      ・校歌斉唱
      ・万歳奉唱
 
      



 研修室の畳替え                 更新日    平成27年5月26日

 本院の研修室の畳は、近年あちこちに傷みが出てきましたので、このたび120枚の畳を全て新調して頂きました。
 同時に、畳の外周辺を押さえる木枠も設計のし直をすることで、畳の布設作業もしやすくなりました。

 夏のスクーリング(前期スクーリング)は、この新しい畳のうえで祭式の学習を行うことになります。
                               
                               青い畳が皆さんを待っています。


部報『かつおぎ』(平成27年度第1号発行)          更新日    平成27年5月11日
 
 部報『かつおぎ』は、本院通信教育部の報告・連絡文書です。年間5回発行発行します。本号は今年度の第1号です。
 5月11日に受講生全員に発送しました。前期スクーリングの日程、その際用意すべき装束、レポートに関する注意事項等を掲載しています。

 また、「祭式通信」を同封しています。これは、祭式講師の先生が作成されたものであり、前期スクーリングまでに準備する項目・注意事項等を掲載しています。よく読んで、必ず自習して下さい。2年次の方で、1年次から進級した人は、昨年受け取っているはずですから送っておりません。昨年の「祭式通信」を取り出して、よく復習して下さい。

 また、近年は大阪市内での宿泊ホテルの予約が取れにくい傾向がありますので、参考資料として「スクーリング・考査時の宿泊先一覧」と地図も同封しています。

修了式と入学式                      更新日   平成27年4月13日

 修了式
  平成27年4月11日(土) 午前9時~午後1時

  平成26年度一年次生・二年次生の修了式が理事長以下の来賓ご臨席のもとで行われました。
  修了式のプログラムは以下のとおりです。
   ①修了奉告祭 :修了生の代表10名により祭典を斎行
   ②修了式:修了証、階位証(一年次は直階、二年次は権正階)の授与、成績優秀者の表彰(理事長賞、神社本庁統理賞、学校法人浪速学院理事長賞)、理事長式辞、来賓祝辞 修了生代表答辞
   修了生:1年次 46名、 2年次:50名
   ③直会 (謝恩会)
   ④クラス会
    クラス会終了後、2年次生は修了記念参宮に出発、1年次生は午後の入学式に備える。
    ※修了記念の参宮は、伝統的に毎年2年次修了生が自発的に企画して実行しています。
      晴れて神職の資格を得られたことの神恩を感謝するとともに、大御神さまの御前で、神職として      の決意を誓うために、神宮で御垣内参拝を行います。あとの直会で一層の親睦を深めます。

 入学式
   同日      午後1時半~4時半

 平成27年度新一年次・新二年次の修学式が理事長以下の来賓ご臨席のもとで行われました。
 入学式のプログラムは以下のとおりです。
  ①入学奉告祭 :祭式講師のご奉仕による祭典の斎行
  ②入学式:入学生点呼、受講生手帳授与、理事長式辞、来賓祝辞  入学生代表答辞
   入学生:新1年次 54名、新2年次 45名
 ③クラス会
  学級担任の先生と顔合わせ
  今年度の学級担任
     1年次:渡邉紘一先生(坐摩神社宮司、本院実行委員長)
     2年次:水無瀬忠成先生(水無瀬神宮宮司)
④合同オリエンテーション
  1年次・2年次に対し、事務局から本院での学習の進め方について詳細な説明を行いました。
  その後「きょうだい組織表」に基づく班(全6班)にわかれ、班ごとに班長を中心とする顔合わせ、自己紹介、メールアドレスの交換等。
 
 
 教本等の発送         
                                   更新日  平成27年4月7日
 新1年次、新2年次の皆さんから先に購入注文のあった教本(教科書)等について、昨日(6日)各自の自宅宛てにゆーパックで発送しました。 
 到着したら、中に入っている購入票の写しと、教本等を照合して、注文通りかどうか確認して下さい。学院では相当注意をはらって包装しましたが、万一間違いがあれば、電話・メールなどでご連絡下さい。
 これらの教本や学習指導書に基づいてどのように学習を進めていくかについては、入学式後のオリエンテーションで説明します。

   4月から入学される皆さんへ
                                     
更新日 平成27年3月19日

 いま、大阪国学院では皆さんを迎え入れる準備に大童(おおわらわ)です。入学式の要項はすでにご案内のとおりです。
 入学までの期間、新しい世界へ飛び込んでいく不安と期待があることと思います。特別な準備をしていただくことはありませんが、時間があれば次のようなことをやって見れば、入学後の学習に役立つと思います。

 (1)「神道古典」という科目があります。1年次では『古事記』、2年次では『日本書紀』を学習します。初めて学習するという方が大半でしょう。そこで、これらの学習の予備知識として、日本の神話のマンガ本を読んで、全体の流れを知っておくことをおすすめします。
 最近は、書店に入ると、神話だけでなく、神社や神道のことを書いた雑誌などがたくさん並んでいます。肩のこらないこれらの本で、神道の世界を垣間見るのもよいでしょう。いずれたっぷり学習してもらいますが。

(2)もう一つのおすすめは、近所の神社や、有名な神社などに参拝に出かけることです。神社の境内の様子、建物の種類、神職や職員さんの所作など、きっとこれまでとは変わった気持ちで拝見することが出来るでしょう。
 そして、神職の世界へ誘(いざな)って下さった神様のご加護を感謝し、頑張って勉強することをご神前で誓いましょう。

 質問、相談等がありましたら、電話又はメールで遠慮なく連絡して下さい。
                                        更新日:平成27年3月10日 
 1.現1年次・2年次の修了式(詳細は書面にて連絡済み)

    日時      平成27年4月11日(土)
    受付開始    8:00  謝恩会費6000円納付、 白衣・白袴・足袋・草履に着替え
    集合      8:40
    修了報告祭  9:00
    修了式    10:00
    直会(謝恩会)11:00(会食)
    クラス会    12:30
    解散      13:00 1年次の進学者は午後からの入学式に参加のため着替えて待機。
                  それ以外の1年次・2年次全員は解散
  ※修了不可の判定結果が出た方(3月19日に連絡します。)は出席できません。


2.新1年次及び新2年次(旧1年次からの進級者、新2年次への編入者)の入学式(詳細は書面にて連絡済み)

   日時      平成27年4月11日(土)
   受付開始    12:50 1階ロビーで受付(旧1年次からの進学者は受付不用)
   集合       13:00 服装スーツ・ネクタイ、女子はこれに準ずる。
   入学報告祭  13:30
   入学式     14:00
   クラス会    14:40ごろ
   解散      17:00ごろ
   
     
3.欠席・遅刻等の連絡先

     大阪国学院事務局
      電話 :06-6245-8980
      メール:gakuin-jukousei@muse.ocn.ne.jp

                                         
 ☆後期考査、訓育講話、神道演習論文発表会が行われました。  更新日:平成27年2月23日

  平成27年2月21日(土)
    ・1年次・2年次の後期考査
  同       22日(日)
    ・訓育講話(1年次、2年次合同)
       講師:中東 弘先生(枚岡神社宮司)
       テーマ「敬神生活の綱領」について

    ・神社神道演習研究論発表会(二年次)10時~17時30分
      「神社神道演習」の科目においては、各自が選定したテーマについて研究論文(指定原稿用紙10枚以上)を作成して提出することが求められます。いわゆる卒業論文です。
 この日その要約をクラス全員(50名)の前で各自が発表しました。毎年実施されています(「神社神道演習論文発表会」のページご参照)。
 発表終了後、クラス全員の投票による評価と、講師2名による評価を総合して、優秀論文を選定し表彰します。
 また、各自の発表終了後に講師による感想・評価・指導等が行われ、発表者はもとより、クラス全員が神職・神社神道について深く広く学ぶことができます。

 今年の優秀論文は次のとおりでした。
        
   1位 平井一嘉   大社造本殿の分布と間取り
   2位 吉川紗代   三輪山伝説と蛇婿入話 ーなぜ昔話を語り継ぐのかー
   3位 馬田美香   「山王さんと猿」について
   4位 大楽和夫   八幡神の起源ー縄文時代の黒曜石の交易ルートを探るー
 どれも、驚くほどの力作でした。

 1位から3位の論文は、同窓会(かつおぎ会)の27年度の会報「かつおぎ」に掲載されます。
 4位の論文は、本院の27年土の紀要誌「浪速文叢」に掲載されます。
 ☆『浪速文叢』 のページ                     更新日:平成27年2月3日
 創刊号から25号までの掲載文の表題一覧をUPしました。
 ご利用ください。
 ☆二次選考結果の通知                         更新日:平成27年1月29日

  さる1月24日に実施した二次選考の合否結果は、各受験者あて1月27日付で郵送しました。 
  
 ☆平成27年度受講生募集の二次選考受験要領について      更新日:平成27年1月21日

 二次選考の受験者の皆さんにはすでに文書で連絡しているとおりですが、念のためここに掲載します。
 日時  平成27年1月24日(土)  午前9時から午後3時までの間の指定時刻
 場所  本院5階ロビー横の受付に来て下さい。
 持参品 受講料    5000円
      受験票
      筆記具(鉛筆、消しゴム)
      返信用封筒(受験者の住所、氏名、郵便番号を記載、裏面に受験番号記載、82円切手を貼る。)

 受験要領 :当日5階ロビーに「二次選考受験要領」と題した用紙を置いていますので、それを各自取って読んで下さい。念のため、その「受験要領」を以下に示します。予め読んでおかれるとよいでしょう。

 

二次選考     

大阪国学院事務局

1、受付の要領

(1)受付で受験票を示し、受験番号、氏名を告げ、受験料5000円を納め、返信用封筒を渡してください。名札と領収書を受け取り、名札をスーツの左胸につけロビーでお待ちください。

(2)受付係が名前を呼べば、受付で問題用紙の入った封筒を受け取り、すべての荷物を持って筆記試験場に入室してください。荷物は試験場内の荷物置き場に置いて、筆記具と試験問題の入った封筒だけ持って着席してください。席の位置は自由です。携帯電話の電源をオフにしてください。

2、筆記試験の要領

(1)机の上に受験票を置き、封筒を開けずに机の上に出しておいてください。

(2)係員の試験開始の合図により、封筒から問題用紙を取り出し、受験番号・氏名を記入し、答案を作成してください。

(3) 鉛筆・消しゴムは持参のもの又は机の上に置いてあるものを使用してください。

(4)試験時間は10分です。

(5)試験終了後は答案用紙と封筒を重ねて係員に提出してください。受験票はお持ち帰りください。

その後荷物を持って退室し、隣の控室で待機してください。

3、面接の要領

(1)荷物は控室の荷物置き場に置いてください。貴重品は各自で保管してください。

  () 順番が来れば受付係が名前を呼びます。受付係から答案用紙の入った封筒を受け取り、指定された面接室に入室してください。面接室に小荷物(ハンドバック等)を持ち込むことはできます。
 () 面接室に入ったところで、受験番号・氏名を名乗り、正面の面接委員に封筒を

渡し着席してください。小荷物は座席右横の荷物入れに入れてください。

() 面接時間は約10分です。

() 面接が終われば退室し、控室に置いた荷物を持ち、受付に名札を戻しお帰りください。

4、二次選考の結果

   二次選考の結果は、できるだけ速やかにご自宅宛てに書面で通知します。

電話での問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。

 ☆『部報かつおぎ』平成26年度5号の発送   更新日:平成27年1月16日

 『部報かつおぎ』を平成27年1月15日に受講生(一年次、二年次の全員)に発送しました。この部報には、後期末考査等(二年次の研究論文発表会を含む)に関する連絡事項及び日程表を掲載しています。
  ☆『浪速文叢』25号の発行     更新日:平成27年1月13日 

  『浪速文叢』25号を12月20日に発刊しました。配布先は、大阪府下の全神社、神社本庁、全国の全神社庁、全国の神職養成機関、本院講師等となっています。それ以外にご希望の方は、どなたにでも無料で配布します。電話又はFAXにてご連絡下さい。送料250円(切手)となっております。
 本誌の目次
  ・暦と陰陽道について     長谷川靖高(阿倍王子神社宮司
  ・「正直」に関する覚え書き  竹島一希(本院講師)
  ・神の前に白さく        梅田 徹(本院講師)
  ・神様のお食事         吉川雅章(本院講師)
  ・難波・河内における玉造部の事蹟
    -大阪玉造と八尾神立・玉祖神社の関係    上田勝弘(本院通信教育部36期生)

 本院の『浪速文叢』については、メニューの『浪速文叢』をクリックして下さい。
 ☆ 年末・年始の休日について               更新日  H26.12.25

  12月27日(土)から1月6日(火)まで休業します。
  この間の郵便物は、ビルの守衛室で受け取ることになっています。
  ☆ H27年度 受講希望者  一次選考(書類選考)    更新日 H26.12.15

   今年も多数のご応募、有り難うございました。
   定員をオーバーしておりますので、選考委員会において慎重審議を行い、選考させていただきました。
    選考結果は12月18日に発送いたします。