階位について   
  本院で得られる神職の階位
 神職になるための資格を「階位」といいます。階位には五段階あり、下から順に直階、権正階、正階、明階、浄階となっています。
 これらの階位を取得するには、神職として学識を神社本庁から認定されなければなりません。
 
   
   本院では、1年次を修了し、所定の神務実習(基礎実習)を修了している場合は、修了時に「直階」の階位が授与されます。2年次を修了し、所定の神務実習(指定神社実習)を修了している場合は、修了時(卒業時)に「権正階」の階位が授与されます。
 「直階」の階位を取得すると、神職として神社に奉仕することはできますが、宮司に就くことはできません。「権正階」の階位を取得すると宮司に就任することができますが、別表神社(註)の宮司には就くことはできません。別表神社の宮司に就くには「明階」の階位が必要です。

 本院修了後、正階及び明階の階位を取得するために、本院の修了生は神社本庁が行う「階位検定試験」を受けるのが普通です。その試験対策として本院修了生の同窓会である「かつおぎ会」においては自主的にゼミ形式の検定試験講座(通称「K講座」)を設け、検定試験合格を目指しています。詳細は、「かつおぎ会」のページをご覧下さい。
 
     
   「浄階」は、神職としての在職年数、功績等を勘案して授与されるものであり、通常の方法では取得できません。
 
     
   (註)「別表神社」:全国神社のなかで、由緒・規模・活動等で抜きんでており、神社本庁の選定を受けている300余の神社をいいます。