大阪府皇典講究分所録事   
   

大阪府皇典講究分所録事第1号

『大阪府皇典講究分所録事第1号』(左写真)

『大阪府皇典講究分所録事』は、平成8年に富田林市鎮座の佐備神社宮司(故太平昭氏)から大阪国学院に寄贈されたものであり、下記の号を所蔵しています。
 第1号(明治38年8月16日発行)〜第14号、第19号、第20号
 大阪府皇典講究分所に大阪府神職集議所が統合されたことを契機に創刊されたものとみられます。
 編輯兼発行所は大阪府皇典講究分所となっていますが、その住所が第1号〜第12号は「大阪市東区南渡邉町坐摩神社内」、第13号以降は「大阪市南区天王寺夕陽丘町大江神社境内」となっています。分所の所在地の変遷が伺えます。
 「録事」というのは、分所における事務処理の概況、神職の動静、通達等を採録編集した報告書を意味するようです。